ブライダルフェアのご案内

ITEM

アイテム

ドレス
2017.11.29
伝統と品格の「和装スタイル」

~ 伝統と品格を忘れない「本物」の提供 ~

あえて今だから結婚式に取り入れたい 

日本人ならではの和装スタイル。

ひとつひとつに込めた想いもご紹介いたします。 _

____________________

《 白無垢 》

日本では、古来より

「白」は神聖な色とされてきました。

花嫁が純白の衣裳を身に纏うことは、

“嫁ぎ先や新郎の色に染まります“

という意味を持ちます。_

 _

綿帽子は白無垢でのみ取り入れます。 _

“式が終わるまで新郎以外に顔が見えないように”

ウエディングドレスのベールと同じ役割を持ち、

さらに奥ゆかしさと、初々しさを感じる演出です。

 _

____________________

《 色打掛 》

 

武家の女性たちの正装とされていた装いが、

今では婚礼衣装として花嫁を華やかに飾ります。

色鮮やかな染め物や、丹念に織りを重ねた織物、

職人技が光る刺繍などが、格調高く華やかな装いに。 _

 _

 _色も多彩で、モダンな和装がおしゃれ。

凛とした美しさもありながら

合わせる和小物でアレンジも可能です。

 _

_____________________

《 引き振袖 》

振袖の裾を長く引いて切る引き振袖は、

その姿から優美で気品あふれる花嫁を演出。

 _

中でも黒地の着物は「黒引き」と呼ばれ、

あなた以外に染まらないという意味もあったとか。

 _

____________________

《 和小物 》

永遠に続く幸せ・縁を結ぶ など、

身に着ける全てのものに意味を持つ小物たち。

きものは小物の色・柄を組み合わせる事で、

無限のコーディネートが可能となります。

 _

 

中でも「筥迫(はこせこ)」は、

懐紙・鏡・お香・お守りの入れ物であり、

母から娘へ “いつも美しくありなさい” という

永遠の幸せを願い持たせる和小物です。

 _

 

_

現在では前撮りや後撮りで

和装を取り入れることも増えました。

ご両親や祖父母にも喜ばれる和装スタイル。

ぜひ日本人ならではの艶やかな装いも

選択肢の中に入れてみてはいかがでしょうか?

_

今回ご紹介させていただいた和装の数々は、

横浜ロイヤルパークホテルで取り扱いがございます。

みなとみらいで奥ゆかしいご結婚式をぜひ。

【参照:http://authentique.jp/

_


最近のおすすめの記事

Reservation


ブライダルフェア・ご見学会に関するお問い合わせ
TEL045-221-1122

平日11:00~19:00/土日祝9:00~19:00(定休日:祝祭日を除く火曜日・年末年始)